出産内祝いの特徴

出産内祝いの金額には要注意!

内祝いとして品物を贈る場合、お祝いでいただいた品物の金額に対し「2分の1~3分の1」程度の品物を選ぶのがマナーとされています。たとえば、職場の同僚から6000円相当のベビー服をもらったときは、2000~3000円程度の内祝いを贈るという具合です。安すぎる内祝いはもちろん厳禁ですが、よかれと思っていただいたお祝いの品より高価な内祝いを贈るのもおすすめできません。「お祝いが安物だったという嫌味かな」など、高すぎる内祝いに相手が不快感を抱いてしまうこともあるので注意しましょう。

ただし、内祝いの金額や品物などについては、地域の慣習などで内容が大きく変わることもあります。一般的なマナーが通用しないケースもあるので、事前に両親や同僚などその地域のマナーに詳しい人に確認してみると良いでしょう。

出産内祝いで喜ばれるアイテム

内祝いの品物は、基本的に何でも構いません。生まれた赤ちゃんの名前を入れたものが人気ですが、贈る相手によっては喜ばれないこともあるので注意しましょう。親族や兄弟姉妹など近しい人なら問題ありませんが、友人や職場の同僚などは名前入りの物をもらっても扱いに困ってしまう可能性があります。特に、タオルや食器など後々まで残るものだとなおさらです。どうしても名前入りの物を内祝いにしたい場合は、お米や焼き菓子などすぐに消費できるものが良いでしょう。

なお、内祝いとして「刃物」「櫛」「塩」を贈るのはタブーとされています。刃物は縁を切ることを、櫛は「苦しい」や「死」といったネガティブな言葉を、塩は葬儀や清めの儀式をイメージさせるため、縁起が悪いと感じる人が多いです。