新築内祝いの特徴

新築祝いとは?どんな内祝い?

新築祝いとは一戸建てやマンションなど、新しい物件に引っ越したときなどにお祝いする内祝いです。家族や友人、同僚や上司など日頃からお世話になっている親しい人たちを集めて、新築物件をお披露目します。個人が新築に引っ越したケースだけでなく、企業などが移転したときにも新築祝いをするケースもあります。

一般的には引っ越しや移転した1ヶ月から2ヶ月後にお祝いをして、パーティーなどを行います。引っ越したばかりの時期は片付けが済んでいなかったり、新しい環境に慣れていなかったりと招待する側も大変なので、引っ越したタイミングから少し時間が経って開催するのです。内祝いに出席することが難しいときには、内祝いの品物を贈ることもあります。出席してくれたゲスト二!対しては豪華なお料理などを提供して、おもてなしをするのです。

内祝いを贈り合うときのマナーは?

新築祝いに招待して手土産を渡したい、出席したいけれど行くことが出来ないから内祝いを贈りたいときには贈り物を用意します。水引を付ける場合は紅白や金銀の蝶結びのものを選びます。蝶結びは何度あっても良い出来事に対して使われる結び方なので、新築祝いの他に出産祝いや入学祝いなどでも使われているのです。のし書きは「新築内祝」などと書いて、二世帯住宅の場合は親世代の名前を右側に書くようにしましょう。 新築祝いの品を受け取った場合は新築祝いの場のおもてなしでお返しをするか、後で贈り物の半額程度のプレゼントを贈るようにしましょう。目上の人などに頂いた場合はお礼状などを添えると、好印象です。字の間違いや宛名書きをミスしないように注意しましょう。